ヘアケア

女性の正しい髪の洗い方!下向きはNG?正しい洗い方

毎日の習慣であるシャンプーですが、正しい洗い方を意識している人は少ないかもしれません。

忙しいときは、できるだけ時間を短縮しようとして、急いで髪を洗ってしまうことも多いですよね。

でも、毎日のシャンプーだからこそ、手を抜かないで丁寧さを心がけないと、髪の毛にダメージを与えてしまいます。

今回は、正しい髪の毛の洗い方と、洗うときの注意点について解説します。

正しいシャンプーを身につければ、憧れのサラサラ、ツヤツヤの髪の毛も夢ではありませんよ。

正しい髪の洗い方~準備編

正しい髪の毛の洗い方を

  • 洗う前
  • 洗っている最中
  • 洗った後

の3段階に分けて、それぞれのポイントをご紹介します。

まずは、髪の毛を洗う前について、

  1. 朝シャンと夜シャン
  2. ブラッシング
  3. 洗い流す

の3つを見ていきます。

髪の毛を実際に洗う前の準備も、シャンプーをする上で非常に重要です。

その①朝シャンより夜シャン

夜に汗をかいたときや、寝癖がひどいときなど、朝シャンを習慣にしている人もいますよね。

でも、朝シャンは髪の毛にとってはNGです。

夜シャンは、日中に溜まった頭皮の汚れやスタイリング剤などをその日のうちに洗い流すために必要です。

夜シャンにプラスして、朝シャンまですると、頭皮に必要な油分や皮脂を過剰に洗い流してしまう可能性があります。
シャンプーのしすぎは、頭皮や髪の毛の乾燥につながり、パサつきやフケ、かゆみの原因にもなります。

その②ブラッシングでほぐす

髪を洗う前に、ブラッシングをします。

ブラッシングをすると、シャンプーの泡立ちが良くなり、髪の毛にシャンプーの成分が浸透しやすくなります。

髪の毛の絡まりもとけ、シャンプー中の抜け毛防止にもなり、洗いやすさにもつながるのです。

髪の毛の流れに逆らわずに自然な流れになるように、ブラッシングしましょう。

ブラッシングは頭皮の血行を良くする効果もあるので、マッサージ感覚で行ってみてください。

その③しっかり洗い流す

シャンプー剤をつける前に、頭皮と髪の毛をしっかり濡らします。
目安は1~3分程度です。

シャンプーの泡立ちを良くするだけではなく、事前に汚れを取り除く目的があります。
お湯で洗うだけで、日中についた花粉やほこり、化学物質などの約70%を落とせるのです。

シャンプー剤をつける前に汚れを除去しておくと、髪の毛を洗う時間の短縮にもなりますね。

頭皮に必要な油分や皮脂を洗い流さないように、熱いお湯ではなく37~38℃のぬるま湯をかけましょう。

正しい髪の洗い方~実践編

女性の正しい髪の洗い方!下向きはNG?正しい洗い方

髪を洗うための事前準備ができたら、いよいよ実践です。

洗っている最中には、

  1. シャンプーは泡立たせる
  2. 頭皮をマッサージするように

の2つがポイントになります。

その①シャンプーは泡立たせる

シャンプー剤は髪の毛に直接つけるのではなく、ぬるま湯を加えて手のひらでしっかり泡立たせてから髪の毛や頭皮につけましょう。

髪の毛には泡を軽くなじませる程度で十分です。

シャンプー剤を直につけて、髪の毛をこすって泡立たせるのはNG。

泡立たせていないシャンプー剤は洗浄力が強く、頭皮の乾燥を招いてしまいます。

シャンプーを泡立たせておけば、髪の毛でこする必要はありませんね。

その②頭皮をマッサージするように

シャンプーは、髪の毛を洗うのではなく、頭皮を清潔に保つために頭皮を洗うものです。

指の腹を使って優しく洗いましょう。
爪を立ててしまうと、頭皮が傷つき、頭皮トラブルの原因になります。

髪の毛をこするのではなく、頭皮をマッサージするようなイメージです。

シャンプーのときに頭皮をマッサージすると血行が良くなり、抜け毛予防にもなりますよ。

正しい髪の洗い方~シャンプー後

女性の正しい髪の洗い方!下向きはNG?正しい洗い方正しい髪の洗い方は、シャンプー後も重要です。
シャンプーを丁寧にしても、乾かすまでの間にダメージを与えてしまえば、元も子もありません。

シャンプー後は、

  1. トリートメントやリンスは髪につける
  2. タオルでこすらない
  3. しっかり乾かす

の3つに気をつけましょう。

その①トリートメントやリンスは髪につける

シャンプーの仕上げにトリートメントやリンスは欠かせませんが、頭皮につけてはいけません。

ダメージが特に気にならないようなら、髪の根元にもつけなくて大丈夫です。

トリートメントやリンスは髪の毛に美容成分を吸収させて、髪の毛に潤いやツヤを与え、髪の毛を守るために使われます。

頭皮につけてしまうと、余計な油分が残って毛穴詰まりを起こし、頭皮環境を悪化させることがあります。

トリートメントやリンスは、毛先から髪の毛だけにつけるようにして、あまり多くつけすぎないように注意しましょう。

その②タオルでゴシゴシしない

ドライヤーで乾かす前にタオルで髪の毛を挟んで水分を取り除くと、ドライヤーの熱によって髪を傷めずに、しかも短い時間で乾かせます。

ただし、タオルで髪の毛をゴシゴシこするのはNG。

濡れた状態の髪の毛は、ツヤの元である表面のキューティクルが開いています。
キューティクルが開いているときに摩擦が加わると、パサつきや切れ毛、枝毛などの原因になってしまうのです。

柔らかいタオルで髪の毛をたたくのではなく、ポンポンと軽く挟む程度で、優しく髪の毛や頭皮の水分を取り除きましょう。

その③しっかり乾かす

髪の毛を乾かす時間がもったいないから、乾かしていると汗をかくからと、自然乾燥をしている人もいるかもしれません。

生乾きのままだと、雑菌が増えて頭皮トラブルを招く可能性があり、キューティクルのダメージにもつながります。

髪を洗ったら、できるだけ早くドライヤーでよく乾かしましょう。

また、髪の毛よりも地肌をしっかり乾かすのがポイント。
髪の毛が乾いても、地肌が濡れたままでは髪の毛がまた湿って、生乾きになってしまいます。

ただし、ドライヤーの熱を当て続ける
のは、髪の毛と頭皮を傷めることになります。

ドライヤーは常に振りながら、最低10cmは離してください。
髪の毛が乾いているのに、ドライヤーを当て続ければ髪の乾燥やパサつきを招きます。

下向きでシャンプーしてはダメ

女性の正しい髪の洗い方!下向きはNG?正しい洗い方家では、頭を下向きにしてシャンプーする人が多いと思います。
下向きシャンプーに慣れているかもしれませんが、実はあまりオススメできません。

下向きが良くない理由は、

  • 髪の毛が傷む
  • 頭皮の毛穴がたるむ

大きく2つがあります。

下向きでは、キューティクルの流れに逆らって洗うことになるのです。

毛穴のたるみは、血行不良を招き、薄毛や抜け毛にもつながります。
たるみによって毛穴が変形すると、髪がうねったり、ペタンと倒れやすくなってボリュームがないように見えたりしてしまいます。

他にも、シャンプーが垂れて目に入るといったデメリットも考えられます。

実は美容にも良くない

下向きシャンプーは、髪の毛へのダメージだけではなく、美容の面でも良くないとされます。

美容面でのデメリットには、

  • 顔や額、首にシワができる
  • 肌が乾燥する

ことが挙げられます。

下向きの状態を続けていると、頭皮が重力やシャワーの水圧に引っ張られ、皮膚もつられてたるんできます。
お風呂で身体が温まり、皮膚も柔らかくなるため特に影響が出やすいです。

また、下向きでシャンプーをしていると、シャンプー剤やお湯が常に顔に流れてきます。
必要以上のシャンプー剤とお湯で肌は乾燥し、シワやニキビの原因になります。

でも、下向きに慣れていると上向きで洗うのは大変かもしれません。
基本的には下向きで洗い、仕上げは上向きにするなど、いつも下向きにならないように工夫してみることから始めてみてください。

正しい髪の洗い方をマスターして美髪に

女性の正しい髪の洗い方!下向きはNG?正しい洗い方髪の洗い方には、準備、実践、洗髪後のそれぞれの段階に気をつけるべきポイントがあることをご紹介しました。

意外とおろそかにしている部分に気づけたかもしれません。
毎日のシャンプーで、ダメージになるよりも、きれいになれる方が嬉しいですよね。

下向きでシャンプーをしている人も多いとは思いますが、髪にも美容にもデメリットがあることも分かりましたね。

頭皮や髪の毛にトラブルを抱えている人は、髪の洗い方を変えれば改善できることもあります。

習慣をちょっと見直すことで、今までとは違うきれいな髪の毛に変わっていくはずです。