ヘアケア

でこっぱち30代40代にも似合う髪型セットのポイントやアレンジ方法

「でこっぱち」という響きはどこか可愛らしいような、バカにされているような。
おでこが広い30代40代の女性にとっては、あまり嬉しくない言葉ですよね。

何歳になっても、おでこの広さに対するコンプレックスは消えないもので、髪型の悩みも尽きないと思います。

でも、でこっぱちの女性だからこそ、似合う髪型もちゃんとあります。

ポイントを押さえていれば、自分で気分によってスタイリングすることもできます。

今回は、でこっぱちの30代40代女性にオススメのヘアセットやヘアアレンジの技をご紹介します。

10代20代とは違う大人のスタイルで、でこっぱちが気にならないお洒落な髪型を楽しみましょう。

でこっぱち30代40代女性の悩み

でこっぱち30代40代にも似合う髪型セットのポイントやアレンジ方法

でこっぱちの女性は、

  • 潤いのなさ
  • キシミ

に悩みやすいです。

年齢と共に髪の毛にも変化が出てきて、おでこの広さに加えて悩みが増えてしまいます。

でこっぱちとは?


でこっぱちとは、おでこが広い人のことを指します。
「おでこ」に、嘘っぱちなどで使われる“~ぱち”をつけて、でこっぱちです。

可愛らしいというよりは、おでこの広さを強調しています。

潤いが足りない

でこっぱちの30代40代の悩みの1つめは、潤いが足りないことです。

若い頃は髪の毛にも潤いやハリがあり、特に何もしなくても、ツヤツヤ、サラサラした髪の毛になっていたと思います。

でこっぱちで潤いがないと、髪の毛にハリが感じられず、おでこの広さが目立ちやすくなる原因にもなってしまいますね。

髪の毛がパサつくと、お手入れが行き届いていなかったり、老けて見えたりしてしまいます。

キシミを感じる

でこっぱちの30代40代の悩みの2つめは、キシミを感じることです。

髪の毛がキシんでしてしまうと、ボリュームが出なくなり、生え際や顔周りがペタッとします。

シャンプーを十分に泡立たせずに洗ってしまったときのあのキシミを思い出すと、よく分かりますね。

特に生え際にボリュームがなくなると、おでこの広さがカバーできず、より強調されて見えてしまいます。

でこっぱち30代40代にも似合うヘアセット

でこっぱちの30代40代の女性も、ヘアセットのポイントを押さえれば、コンプレックスをカバーできます。

ポイントは、

  1. 前髪あり
  2. 輪郭を隠す

の2つにあります。

①前髪あり

おでこをあえて全開にするヘアスタイルもありますが、30代40代では前髪を残した方がカッコ良い印象になります。

前髪ありでも、

●前髪を全部下ろす

●斜め前髪にして少しおでこを見せる

●シースルーバングでおでこを見え隠れさせる

など、さまざまなパターンがあります。

自分の髪質やボリュームに合わせて、前髪をアレンジしてみましょう。

②輪郭を隠す

おでこを全開にして、サイドも上げて、髪の毛で顔を隠さないスタイルもスッキリして爽やかです。

でも、

●顔の一部にあえて髪の毛を残す

●後れ毛で輪郭をぼかす

●ウェーブで顔を見え隠れさせる

●センターパートの前髪を巻いて輪郭を隠す

といった方法で輪郭を隠すスタイルも、大人な雰囲気で魅力的に見せてくれます。

ただし、輪郭を隠す場合でも、顔全体に髪の毛がかかるようだと、野暮ったく、暗いイメージになってしまいます。
程よくあか抜けしたスタイルにするためには、顔にさりげなくかかる程度の髪の毛にしましょう。
小顔効果も期待できますよ。

でこっぱち30代40代にオススメのヘアアレンジ

でこっぱち30代40代にも似合う髪型セットのポイントやアレンジ方法でこっぱちの30代40代のヘアセットのポイントが分かったら、次は実際にヘアアレンジをしてみましょう。

ここでは、

  1. ゆるふわ巻き
  2. ハーフアップ
  3. ゆるお団子

の3つをご紹介します。

若い女性に人気のあるスタイルも、30代40代の女性が取り入れることで、大人っぽくて、クールな女性らしい雰囲気が出せます。

どれも簡単にできるので、その日のファッションや気分に合わせて、色々なヘアアレンジに挑戦してみましょう。

ただし、どのアレンジも簡単だからこそ、ポイントを押さえないと、逆にダサい印象になってしまうので注意。

①ゆるふわ巻き

ゆるふわ巻きは、

  • コテやアイロンで巻く
  • パーマをかける

ことで、簡単に作れます。

細かくキツいウェーブではなく、ゆるふわにするのが大人可愛いのポイント。

●トップからウェーブをつけて、全体的にふんわりと動きを出す。コテでランダムにクセづけするのも◎。

 

この投稿をInstagramで見る

 

YU-U(@nyan22u22nyan)がシェアした投稿

女性らしい雰囲気になり、甘すぎず、クールな印象になります。

●前髪を揃えたボブスタイル。

可愛くなりすぎず、前髪も活かせる大人にぴったりです。

●コンサバスタイルにも似合い、顔周りもカバーできる。斜め前髪と組み合わせるのもオススメ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Satoru Abe/阿部 賢(@satoruabe18)がシェアした投稿

ただふわふわするだけではなく、顔周りにウェーブをつけ、コンプレックスをカバーできます。

●ひし形シルエット+ショートボブ+ゆるふわ巻きは、最強の組み合わせ!?

小顔効果も狙えて、大人の女性が憧れるスタイルです。

ふわふわした雰囲気をキープするために、仕上げにスタイリング剤を使いましょう。
ドライワックスを使えば、ボリュームアップも叶います。

②ハーフアップ

ハーフアップは顔周りをスッキリさせますが、顔を全部出したくないときは後れ毛をサイドに残すようにすれば、目線を外せます。

オールアップに抵抗がある人も、髪の毛を残したハーフアップは気軽にチャレンジできると思います。

ただし、きっちりまとめすぎると、老けて見えるので、後れ毛や巻き毛を活かしましょう。

髪の毛をまとめるときは、くしは使わず手ぐしにして、結ぶ位置は低めにするのがトレンド。

●くるりんぱ+ハーフアップで、簡単こなれアレンジ

 

この投稿をInstagramで見る

 

長谷川裕二【AIN.】(@yuuuuuji_h)がシェアした投稿

くるりんぱはヘアアレンジの定番になっていて、簡単でありながらしっかりアレンジ感を出せます。
ハーフアップと組み合わせると、フェミニンさときちんと感の両方が実現できます。
くるりんぱで結び目をゆるめるので、最初の結び目はきつめにしましょう。

●お団子+ハーフアップで、レベルアップのヘアアレンジ

ハーフアップにお団子を組み合わせると、大人のおしゃれの出来上がり。
ショートやボブの人は、お団子部分をアメピンで固定すればきれいにまとまります。

パサつきが気になるときは、ソフトワックスやオイルをもみこんであげると、潤いのあるまとまった髪になり、自然な流れを作れます。

セミロングやロングの人は、ゆるめに巻いてからハーフアップをすると、さらに大人可愛い印象になりますよ。

③ゆるお団子

タイトに結んだお団子は、幼く見えたり、カジュアルになりすぎたりします。
ポイントは、
結んだお団子を崩すこと
です。

崩しすぎれば、不潔、だらしないというイメージにつながるので、崩しすぎない程度にゆるめましょう。

●ゆるお団子

耳を基準に前後に髪の毛を分けて、後ろ部分をゴムでまとめて簡単にお団子を作ります。
前側の髪は手ぐしで1本にまとめて、後ろ部分のゴムに巻き付けて、後ろ髪とまとめるだけ。
仕上げに、全体のバランスを見て、髪の毛を引っ張ってゆるめます。

●低めのお団子+飾りゴムで、おしゃれ上級者

お団子の位置は低めにして、インパクトのある飾りゴムを使うだけで、上級者のヘアアレンジになります。
毛先は程よく散らすのがポイント。

●サイドお団子

お団子をサイドに作るのも、大人の女性ならではのヘアアレンジです。
仕上げに、結んだ部分を押さえながら表面の髪の毛をつまむと、ゆるさを取り入れたスタイルになります。

でこっぱち30代40代女性もヘアアレンジでカバーできる

でこっぱち30代40代にも似合う髪型セットのポイントやアレンジ方法でこっぱちの30代40代の女性には、おでこの広さの他にも悩みが増えてしまいます。

髪の毛の変化を感じると、どの部分をどのようにカバーすれば良いか分からなくなってきますよね。

でも、大人の女性だからこそ、若い頃とは違う雰囲気で楽しめるヘアスタイルがあります。

10代20代の間で人気のあるヘアスタイルも、ポイントを押さえれば、似合うヘアアレンジが簡単に実現できます。

ヘアアレンジも適当に結ぶのではなく、トレンドを取り入れて老け見えしないスタイルを心がけましょう。

カバーするためのヘアアレンジだけではなく、おしゃれのためのヘアアレンジとして挑戦してみてくださいね。