ヘアケア

夫源病でイライラ旦那へのストレスが原因で薄毛に悩む妻が増える理由

一緒の時間を過ごしていると、旦那さんにイライラしてしまうことがありますよね。
ちょっとした感覚のズレなのかもしれませんが、どうしても気になったり、許せなかったりするものです。

旦那さんへのイライラは、“夫源病”の可能性も。
あまりなじみのない言葉かもしれませんが、当てはまる女性は意外と多いです。
しかも、女性の薄毛の原因にもなっています。

今回は、夫源病について、対処法や症状といったポイントから解説します。

「最近、髪が薄くなったかな?」と感じる原因は旦那さんにあるかもしれません。

夫源病とは?

夫源病でイライラ旦那へのストレスが原因で薄毛に悩む妻が増える理由

夫源病とは、

旦那の何気ない言動への不満や、存在そのものが気づかないうちにストレスになり、妻の心身にさまざまな症状を引き起こす病気のこと
を言います。

病気とは言っても、医学的な病名ではありません。

旦那やパートナーがいれば誰でもかかる可能性があり、女性の年齢は関係ないです。

旦那が不在のときは症状がないか軽く、旦那の言動で症状が重くなるといった場合は夫源病の可能性があります。

責任感や我慢強さがあり、意識も高く、自分の気持ちを素直に吐き出せないなどの性格の女性に多いとされます。

旦那にイライラした時のプチ対処法

夫源病でイライラ旦那へのストレスが原因で薄毛に悩む妻が増える理由

旦那さんにイライラした時、どうしていますか?

溜め込んだり、我慢したりが続くと、ますますあなただけが辛くなってしまいます。

旦那へのイライラを感じたら、

  1. 家出
  2. 別居
  3. 喧嘩

の3つを試してみてください。

一人で自由に過ごせる時間を作るのです。
自分に戻れる方法を見つけておけば、追い詰められる前に自分の身を守ることができます。

ただし、どれも“プチ”程度にしておくのがポイント。
プチ対処法であれば、罪悪感を持たずに、妻の気持ちを旦那に気づかせることができます。

対処法①プチ家出

旦那と顔を合わせていると、どうしても嫌な気持ちになってしまうときは、旦那を見ないという選択肢もあります。

旦那と離れて自分だけの時間を作ると、自分の気持ちに素直になれ、切り替えることができます。

家出にオススメの行き先

●カラオケ
大声で叫ぶと気持ちがスッキリします。
今の気分に合った曲を好きなように歌うだけで、楽になります。
歌わなくても、マイクを通して叫ぶだけで十分発散できます。

●映画館
感情移入できる作品を選んで、しっかり涙を流しましょう。
追い込まれると涙も出なくなりますが、作品の力を借りて泣いてみるとフッと溜まっていたものが軽くなるはずです。

●友人の元
気の置けない友人のところへ行き、気が済むまで話しましょう。
自分が思うことを思うままに吐き出すと、頭の中の混乱もいつの間にか解消しています。

●バッティングセンター
ものに当たるのは、印象としてあまり良くないですが、ボールに感情をぶつけるのはアリだと思います。
旦那への不満をこぼしながらボールを打つと、モヤモヤも晴れてきます。

●おしゃれなカフェなど
あなたのリラックスできる場所はどこですか?
カフェや雑貨店、図書館など自分について考えたり、何かに没頭できる場所を見つけておきましょう。
自分だけプチ贅沢するのも◎。

対処法②プチ別居

旦那と一緒にいること自体に嫌悪感を抱くようなら、夫源病はかなり悪化しています。

プチ家出でも気持ちが落ち着かないときは、もう少し時間が必要かもしれません。

夫婦がお互いに冷静になるためには、プチ別居がオススメです。
通常の別居とは異なり、後でトラブルにならないようにお互いに話し合い、納得してから始めます。

行き先は、実家や友人の家、見知らぬ土地など、旦那を忘れてホッとできる場所が良いでしょう。

期間はあらかじめ決めておくようにし、1週間から長くても1ヶ月程度が目安です。

プチ別居は、旦那が自分の言動を見つめ直す機会にもなります。
プチ別居によって、相手との適切な距離感がつかめるようになり、夫婦関係の再構築が図れるのです。

対処法③プチ喧嘩

旦那の言動にイライラを感じたとき、時には溜め込まずに、しっかり吐き出すことも大切です。

もちろん、喧嘩になれば、旦那も感情をぶつけて来ます。

それで良いのです。
喧嘩はお互いに嫌な気持ちにはなりますが、夫婦のコミュニケーションとして非常に重要です。
喧嘩では本音を吐き出しやすく、相手が何を考えているのかも分かります。

ただし、不満を溜め込むだけ溜め込んで、思いっきり喧嘩で吐き出し、旦那の意見を一切聞かないのはNG。

自分の気持ちだけ吐き出すのではなく、お互いに吐き出せる機会として喧嘩を利用しましょう。

また、喧嘩は感じたことを溜め込まずに、定期的に伝えるようにする練習でもあります。

夫源病が原因で妻のストレス症状事例

夫源病でイライラ旦那へのストレスが原因で薄毛に悩む妻が増える理由

夫源病による症状は、人によって変わってきますが、頭痛、不眠、めまいなどさまざまあります。

ここでは、特に女性の敵である

  1. 肌質が悪くなる
  2. 体調不良
  3. 薄毛

の3つをご紹介します。

事例①肌質が悪くなる

肌荒れは女性の敵です。

夫源病が原因で寝不足や食欲不振になっていると、肌への栄養が行き届かず、肌荒れを招くこともあります。

肌質が悪くなると、ガサガサしたり、ゴワゴワしたり、肌を触るだけで嫌だなと感じるようになります。

肌質の悪さは化粧ノリの悪さにもつながり、ますます気持ちも沈んでしまいます。

事例②体調不良

夫源病は体調不良にもつながる場合があります。

夫源病によって寝不足が続き、心が疲れてくると、ホルモンバランスが崩れやすくなってきます。

頭痛やめまい、何となく体調が優れないといった症状が頻繁に出てきて、しかも、旦那を見たり話したりしたときによく見られるようなら、夫源病による体調不良の可能性が高いです。

体調不良が続くと、ますます旦那にイライラを感じやすくなるため、早めの対処が必要かもしれません。

事例③薄毛

夫源病によって、薄毛になることもあるようです。

女性の薄毛はハッキリと分かるほどヘアスタイルに変化が出るというわけではありません。
髪のボリュームが減ってきたり、抜け毛が増えたと感じたりするようになります。

健康的な髪の毛や頭皮をキープするためには、十分な睡眠や栄養が欠かせません。

>>生え際後退した薄毛でも似合う髪型アイデア

妻の薄毛の原因はストレスかも?

女性の薄毛の原因には、

  1. 生理的なもの
  2. 病的なもの
  3. 生活習慣によるもの

があるとされます。

生理的あるいは病的な薄毛は、加齢やホルモンバランスの変化、遺伝、病気などによって起こります。

これらの原因よりも、身近で気づかないうちに薄毛につながっていくのが生活習慣が招く薄毛です。

生活習慣による薄毛の代表的なものはストレスで、他には寝不足や栄養バランスの崩れが考えられます。

もし、旦那へのイライラや不満を感じるようになってから、髪にボリュームがなくなってきたり、抜け毛が増えたりしてきたと感じるなら、旦那さんが原因のストレスが関係しているかもしれません。

改善させるために生活習慣の見直しを

女性は男性のように頭皮がハッキリ見える薄毛とは異なり、徐々に減っていきますが、薄毛は避けたいですよね。

薄毛の改善には、外用薬や内服薬の利用も考えられますが、まずは生活習慣を見直してみるのがオススメです。

薬に頼るのは効果的ですが、元になっている要因を改善できなければ、また繰り返してしまいます。

生活習慣の具体的な改善は、

  • 自分に合った方法でストレスを発散させる。
  • しっかり睡眠をとる。

特に、髪の毛に必要な栄養素を行き渡らせるために、22時~2時の間は必ず寝る。

  • バランスの良い食事をする。

といった基本的なところから始めてみましょう。

気になる薄毛が旦那さんにあるのなら、最初にご紹介した対処法も試しつつ、生活習慣を変えてみてください。

劇的に改善するのは難しいかもしれませんが、薄毛の改善だけでなく、予防にも効果的ですよ。