ヘアケア

生え際の後退は若年性の更年期かも30代女性の薄毛の悩みに3つの対策

若年性更年期という言葉を知っていますか?

聞いたことはあるけど詳しくは知らないな。閉経の際に起こる更年期障害とは何が違うの。と思っている方多いのではないでしょうか。私もその一人でした。若年性更年期という言葉もテレビ等で聞いたことはあるけれど、私には無関係の話だろうと考えていました。

しかし若年性更年期は、生活習慣の乱れで女性ならば誰にでも発症する可能性がある症状です。またそれが薄毛の原因になっている場合があります。

30代女性の生え際の後退は若年性更年期が原因?

生え際の後退は若年性の更年期かも30代女性の薄毛の悩みに3つの対策まだ30代なのに髪にボリュームがなくなってしまった気がする、前髪がスカスカになってしまった気がするという方いませんか。原因は若年性更年期かもしれません。

では若年性更年期とはどのような症状なのでしょうか。実は発症しているけど気づいていないという方もいるのではないでしょうか。

そして若年性更年期が原因での薄毛は体が出している不調のサインかもしれません。

若年性更年期とは

若年性更年期の症状は基本的には更年期症状と同じようなものがおきます。

例えば、ほてりやめまいや頭痛などです。しかし50代前後で起こる更年期障害と原因は異なります。

50代前後で起こる更年期障害とは、卵巣の機能が低下したことでおこるものです。しかしそれより若い頃におこるこの症状は、生活習慣の乱れなどでおこる自立神経のバランスがくずれることが原因と言われています。きちんと治療すれば一時的なものですが、そのまま放置すると閉経を早めてしまう可能性もあります。自分で少しおかしいな、もしかしたらと思う方は早めに婦人科を受診する事をおすすめします。

生え際の後退はホルモンバラスが原因かも

生え際の後退は若年性の更年期かも30代女性の薄毛の悩みに3つの対策女性ホルモンは髪の毛の成長にとても大切です。その為、女性ホルモンの分泌が少なくなることで薄毛や生え際の後退につながっていきます。

女性ホルモンの分泌が少なくなってしまう原因としては、加齢がよく知られています。年をとりそして更年期や老年期になるとホルモンバランスが崩れ、それによって美しい髪を保つことが難しくなり薄毛になっていきます。

しかし20代や30代などの若い年代の方でもホルモンバランスが崩れることがあり、それが原因で薄毛になってしまう可能性があります。その原因は、妊娠・出産そして生活習慣の乱れが考えられています。

妊娠や出産が原因かも

妊娠や出産が原因でホルモンバランスが崩れ抜け毛が増え薄毛へとつながることがあります。これは妊娠出産をした女性ならほぼ皆経験するのではないでしょうか。

私も経験をしました。出産後2か月経ったあたりから抜け毛がひどくなり、お風呂の排水溝は私の抜け毛でいっぱいでした。出産後は髪が抜けるという話は聞いていましたが、まさかこんなに抜けるなんてと驚きました。また私の主人は、出産後の抜け毛の知識がなかったので私が何か病気にかかってしまったのではないかと思っていたようです。

妊娠出産後の抜け毛は、女性ホルモンの変化で妊娠中に抜けるはずだった毛と産後に抜ける毛が一度に抜ける事でおこるものです。抜けすぎて大丈夫かなと心配になりますよね。でも気づいた頃にはおさまっているはずなので、心配しすぎてストレスをためないようにしましょう。

ハードワークが原因かも

妊娠出産をしていないのにホルモンバランスが崩れているという方は、ハードワークや生活習慣の乱れが原因の可能性があります。

ハードワークでストレスをため、そのストレスが自律神経の働きに影響を与えることでホルモンバランスが崩れてしまいます。そういう方は規則正しい生活や適度の運動、ストレスをためない生活を心がけましょう。忙しいからこそ自分をいたわることが大切です。

生え際後退が気にならないオススメのヘアアレンジ

生え際後退や薄毛の方にはショートヘアーがおすすめです。ショートヘアーにパーマをかけてフワフワとさせると可愛らしい印象に仕上がりますよ。

また鎖骨当たりまで髪をのばし、ゆるふわパーマをかけるのもおすすめです。薄毛が気になる方はトップや毛先にボリュームをつけるスタイルにすれば薄毛をカバーできます。

またパーマをかければ、毎朝の準備も時間をかけずにセット出来るので子育て中のママさんなど忙しい方にもおすすめです。

40代女性の薄毛の悩みに3つの対策 薄毛が気になったらヘア毛の見直しも

①若年性更年期かもしれないから~

若年性更年期障害かもと思ったら、早めに婦人科を受診する必要があります。ホルモンバランスが乱れていないか早めに診断してもらうことが大切です。最近体調悪いけど忙しいからとそのままにしておくのはよくないでしょう。一時的なものと思って放置するのだけはやめましょう。

②妊娠・出産が原因だったら~

妊娠出産後の抜け毛や薄毛は、気にしすぎない事が大切です。この時期の抜け毛は妊娠出産を経験すると皆経験するものです。また気にしすぎてストレスをためてしまうとさらに抜け毛を加速させてしまいます。赤ちゃんがいると規則正しい生活は中々難しいと思いますが、栄養あるものをしっかり食べてストレスをためない生活を心がけましょう。

③ストレスが原因なら~

ストレスが原因ならば、ストレスをためない生活を心がけるしかありません。しかしストレスは無意識でたまってくるものですよね。だからこそ意識して休む、そして自分をいたわるのが必要なのかもしれません。

休みの日はとことん休むのも良いですよね。また適度な運動はストレス発散にはおすすめですよ。子供が小さいと中々自分の為に時間を作るのは難しいですが、まわりの方にも協力してもらい育児を自分一人で抱え込まないのも大切だと思います。

 

髪の毛の薄毛に悩んだら頭皮の環境を整えるのも大切です。頭皮をケアすることで髪が成長しやすい頭皮環境に整えることが出来ます。

頭皮の環境を整えるには頭皮マッサージがおすすめです。お風呂上りに頭皮を揉み血行を改善させましょう。揉むことで頭皮に必要な栄養素を届けてくれます。

また育毛剤もおすすめです。育毛剤は市販のドラッグストアーでもたくさん販売しています。自分に合ったものを選び、髪そして頭皮に外からも栄養を与えましょう。

日々の仕事や忙しさで、髪の毛の事まで考えられないという方も多いでしょう。しかし少しの時間頭皮マッサージをしたりして自分をいたわる時間を作ることが、ストレス発散につながるかもしれません。