ヘアケア

つむじが薄いと感じたら他のパーツもチェック改善策や原因も

「つむじが薄くなってきているかもしれない!」
つむじの薄さが気になってくると、ハゲの予兆なのではないかと心配になると思います。

つむじが薄くなってきたときは、他のパーツにも薄毛が目立ってきている可能性があります。

つむじが薄いと感じたら、すぐにヘアケアの見直しをすれば、まだまだ間に合います。

今回は、つむじが薄くなる原因や改善策、正しいヘアケアの仕方について解説します。

つむじが薄くなってきた=ハゲとは限りませんが、薄くなるのを抑えるために早めに対処しましょう。

つむじが薄い原因と改善策

でこっぱち30代40代にも似合う髪型セットのポイントやアレンジ方法つむじが薄いと感じている人は意外と多いようです。

つむじは髪の毛の少ない部分ではありますが、つむじの範囲が広がっている気がしたら注意のサイン。

では、そもそも、つむじが薄くなってしまう原因はどこにあるのでしょうか?

つむじが薄くなるのを防ぐためにも
原因と改善策を覚えておきましょう。

原因と改善その①

原因
年齢による薄毛

加齢によってつむじが薄くなってくることがあります。
年齢を重ねていくうちに、女性ホルモンが減少し、男性ホルモンの影響を受けやすくなります。
健康的な髪の毛と頭皮に重要となる細胞の働きが阻害され、薄毛につながるのです。

改善
適度な運動

しっかりと時間を取ってスポーツをすることは気分転換にもなり、オススメです。
ただ、無理にスポーツをしようとする必要はありません。

自宅でストレッチしたり、軽くジョギングやウォーキングをしたりと、できることから始めましょう。

他にも階段を多く使ったり、少し長めに歩いてみたり日常生活でできることもたくさんあります。

適度な運動で血行促進を図ると、薄毛の改善ができます。
また、睡眠不足も薄毛の敵ですが、適度な運動で適度な疲労を感じると、よく眠れるようにもなるのです。

原因と改善その②

原因
食生活の乱れ

食生活の乱れは、薄毛に直結すると言っても過言ではありません。
食生活が乱れると、栄養バランスが崩れてしまい、髪の毛に必要な栄養素が摂取できなくなるのです。
髪の毛に栄養が行き届かなくなれば、薄毛がさらに進んでしまいます。

改善
バランスの良い食事を

健康な髪の毛と頭皮をキープするためには、バランスの良い食事が欠かせません。
特に、タンパク質、ビタミン、ミネラルが髪の毛に必要です。
たとえば、

  • タンパク質なら、脂身の少ない肉、卵、乳製品、大豆製品、魚介類など
  • ビタミンなら、緑黄色野菜、果物、豆類など
  • ミネラルなら、カキ、アサリ、ひじき、ナッツ類、イカ、タコ、玄米、納豆など

があります。

意識して髪の毛に必要な栄養素を摂ることは大切ですが、そればかりを食べるのではなく、他の栄養素とのバランスも重要です。

しっかり3食バランス良い食事を心がければ、自然と髪の毛に必要な栄養素も摂取できるようになります。

つむじ以外にも薄毛が気になるパーツ

デコッパチかも?芸能人の前髪を画像で比較チェック薄毛で最も気になるとされるのはつむじですが、つむじ以外にも薄毛が気になる場所があるようです。

つむじ以外には、

  • おでこの生え際
  • 分け目
  • こめかみ

といった部分があります。

地肌が見えやすい部位、面積が広く感じられる部分は特に薄毛が気になると考えられます。

おでこの生え際

普段は前髪を下げていて、時々おでこを全開にしてみると、生え際の位置にびっくりしたという経験があるかもしれません。

おでこの生え際は、おでこが広くなって、顔が大きくなったと感じることから気になり始めます。

ハゲの特徴の1つに、生え際の後退があり、生え際の薄毛を見つけると、隠したくなりますね。

分け目

分け目はつむじと同じく、薄毛が目立ちやすく、分け目が広くなってきたら、薄毛のサインかもしれません。

いつも同じ位置に分け目を決めていると、髪の毛が引っ張られたり、ドライヤーの熱が当たったりと、分け目部分に集中的に負荷がかかります。

分け目は定期的に変えるようにしましょう。

こめかみ

こめかみの薄毛は気づきにくいものですが、まとめ髪スタイルにしたときに、ふと気づくものです。

ポニーテールなどまとめ髪が多く、しかも強く引っ張るスタイルを日常的にしている人は、こめかみに負担がかかり、薄毛になると考えられます。

髪の毛を結ぶ位置を変えたり、結ぶ強さを変えたりして、こめかみの薄毛を防ぎましょう。

つむじが薄いと感じたらヘアケアの見直しも

つむじが薄いと感じたら他のパーツもチェック改善策や原因もつむじの薄さは、自分ではハッキリ見えませんが、周りから指摘されたり、鏡を見て薄い気がしたりと、些細なことから気になり始めます。

普段何気なくしているヘアケアで髪の毛がきれいになり、薄毛の改善や予防も一緒にできたら、一石二鳥ですよね。

つむじが薄くなっていると確信したら、早めに対応しましょう。

オススメのヘアケア

●頭皮マッサージ
頭皮環境を整えるためにはマッサージがオススメ。
指の腹を使って、頭皮全体を優しく揉みほぐすと、血行が良くなり、健康的な頭皮を手に入れられます。
頭皮マッサージは、リラックスや疲労回復、小顔にも効果があり、女性に嬉しいことばかりです。

●紫外線を避ける
顔や手足の日焼け対策と同じように、つむじも紫外線から守りましょう。
紫外線を受けると地肌がダメージを受けて薄毛の原因にもなります。
特に、炎天下では必ず帽子をかぶるようにしてください。
それでも紫外線が気になるときは、頭皮用の美容液でケアします。
また、地肌にほてりがあれば、冷たいタオルで地肌のクールダウンをしてあげましょう。

こんなヘアケアはNG

つむじが薄いと感じたら他のパーツもチェック改善策や原因も

髪や頭皮にとって良いヘアケアがあれば、避けた方が良いヘアケアもあります。

NGなヘアケア

●肌質に合わないシャンプーやスタイリング剤
シャンプーやスタイリング剤は毎日使うものですが、肌質に合わないものは刺激が強すぎればつむじに負担がかかります。
洗浄力が強すぎるシャンプーや、きちんと洗い流せないスタイリング剤もできるだけ使わない方が良いです。

●間違ったドライヤーの使い方
髪の毛を早くしっかり乾かしたいために、地肌や髪に近づけて、同じ場所に長時間ドライヤーを当て続けやすいです。
こういう使い方をしていると、ドライヤーの熱が地肌や髪の毛を傷めてしまいます。

●髪の毛のみのシャンプー
シャンプーでは髪の毛だけを洗いがちですが、頭皮を洗うことがより大切です。
頭皮を洗って余分な皮脂を落として、毛穴のつまりをなくし、頭皮は常に清潔に保ちましょう。
頭皮が清潔でないと、髪の毛のボリュームがなくなり、くせ毛やうねりの原因にもなります。

間違ったヘアケアを続けていても、薄毛が改善されることはなく、むしろ薄毛を悪化させてしまいます。

当てはまるヘアケアがある人は、すぐにやめましょう。

つむじが薄いと気になったら正しい頭皮と髪のケアを

つむじが薄いと感じたら他のパーツもチェック改善策や原因も

つむじの薄毛が気になる女性は非常に多いですが、つむじの薄毛の原因と改善策はあまり知られていないと思います。

つむじの薄毛に気づいたら、早めに対応しないと、薄毛が進行してしまい、ハゲにつながってしまう可能性も。

また、つむじ以外にも女性を悩ませる薄毛の部分があります。

薄毛を改善するためにヘアケアしていても、正しくなければ、逆に頭皮にダメージを与えてしまう場合もあるのです。

正しいヘアケアを覚えて、気になる薄毛を改善しましょう。