未分類

おでこが広い40代の髪型は?老け見え回避テク

おでこが広いとハゲている気がして、老け見えにつながると思ってしまう人が多いようです。

でも、おでこが広い=老けているというのは間違いで、実際はおでこの広さ以外に老け見えの原因があるのです。

今回は、おでこが広い40代女性が老け見えしない方法をいくつかのポイントからご紹介します。

髪の毛に関して自分では良いと思っていることや、気づいていないことの中に、老け見えの原因があるかもしれません。

原因が分かれば、老け見えから抜け出せるはずです。

老け見えする40代の髪型とは?

おでこが広い40代の髪型は?老け見え回避テク

おでこが広い40代女性が老け見えしてしまうのは、おでこの広さが原因ではありません。

老け見えするかしないかのポイントは、

  • 髪の毛の乾燥
  • カラーリングの色
  • ペタンコ髪

にあります。

自分では良いと思っている髪型が、実は老け見えを招いてしまっている、ということも。

今すぐ老け見えを脱出するためにも、原因を押さえておきましょう。

乾燥してる

季節や日々のヘアケア、ホルモンバランスなどによって、髪の毛は乾燥してしまいます。

髪の乾燥はパサつきにつながり、ヘアスタイルやヘアカラーにいくらこだわっても、パサついているだけで老けて見えるのです。

パサついた髪の毛は、うねりや広がり、潤いのなさの原因にもなってしまいます。

乾燥した髪の毛を改善し、ツヤのある髪の毛を手に入れることで、ヘアアレンジやカラーリングも、さらに若々しい印象になります。

カラーリング

おしゃれのつもりでしているカラーリングも、老け見えの原因になっていることがあります。

今の髪色が気に入っていて、何年も変わらず同じ髪色のままになっていませんか。

若い頃から変わらないカラーリングをしていると、自分では似合っていると思っていても、若作りや時代遅れというイメージを持たれてしまいます。

髪色の見え方

黒髪、暗い色

  • ショート、オン眉のショートバングは髪型が若いため、バランスが良い。
  • セミロング、ロング、ポニーテール、長い前髪は、髪型自体が落ち着いていて老け見えしやすい。

明るい色

  • 明るい髪色自体がものすごく若いイメージを与え、髪だけ浮いて見える。
  • 髪がパサつきやすく、ツヤが出ないために疲れて見える。

髪色が暗い=老けている
髪色が明るい=若々しい

というわけではありません。

年齢相応の髪色にすれば良いのではなく、髪型や肌の色、洋服に合わせて髪色を変えてみると、老け見えを改善できます。

ペタンコ髪

髪の生え際付近やトップにボリュームがないペタンコ髪は、老け見えしやすいです。

ペタンコ髪になる理由は、人によってさまざまですが、

  • 髪の毛のタンパク質の変化により、髪質が変わる
  • 髪が痩せる
  • 髪にコシがなくなる
  • 紫外線の影響でトップが弱る

などが考えられます。

トップにボリュームがなくなると、全体的に下がって見え、老けているような印象を与えるのです。

また、髪にツヤが欲しくてヘアオイルや洗い流さないトリートメントを使う人も多いかもしれません。

毛先だけではなく、根元にまでつけてしまうと、髪の毛が立ち上がらなくなりベタベタして、ペタンコ髪になってしまいます。

ペタンコ髪は、

  • 分け目を定期的に変える
  • 分け目はきちんとではなく、手ぐしでナチュラルに作る
  • ドライヤーで乾かすときは髪の流れや癖に逆らう

ことで、改善できます。

老け見えの原因は白髪の有無

おでこが広い女子に似合う髪型は3選!髪型別のメリットやアレンジポイント老け見えの原因には、もう一つあり、それは白髪の有無です。

白髪は髪型や髪質よりも、人に老けた印象を与えてしまい、白髪があるだけで、実年齢より4歳も老けて見えると言われています。

白髪を見つけると年齢を感じてしまい、気持ちの面でも落ち込んだり、自信を失ったりと、マイナスになりやすいです。

実際に、自分で白髪を見つけた人は実年齢より7歳以上も自分が歳を取ってしまったように感じると言われます。

白髪が目立つ前に美容室や自分で髪の毛を染められれば、ベストです。
でも、時間や費用がかかり、いつでもすぐに染められるわけではないですよね。

最近は、化粧品のようなパウダーとハケで気になる部分に塗るだけのタイプや、シャンプーしながら色を入れられる商品も話題になっています。

こまめに白髪ケアをしていれば、負担に感じなくなると思います。

ただし、白髪の入り方や量によっては、あえて染めずにおしゃれとして楽しむのも悪くないです。

ありのままの自分らしくいられて、白髪を気にしながら染め続けるよりも気持ちが楽になれる場合もあります。

おでこよりも気になるのは髪のツヤ

生え際が後退しても似合う髪型!女性の薄毛を隠す髪型アイデア老け見えしてしまうのには、おでこの広さ以外に原因があることが分かりましたね。

原因を改善するのにプラスして、日頃のヘアケアにも気をつけましょう。

年齢を重ねると、どうしても髪にツヤがなくなりパサつきが目立ってきます。

髪にツヤがあれば、若々しく老け見えすることはありません。

髪のパサつきの原因は、

  • 空気の乾燥
  • カラーリングのダメージ
  • ドライヤーやアイロンなどによる熱ダメージ
  • シャンプー後の自然乾燥
  • 不適切なヘアケア

にあるとされます。

髪のパサつきを防ぐためには、美容室で定期的なカットやトリートメントをすることも大切です。

さらに、毎日のシャンプーも重要で、シャンプーの仕方だけでも潤いのある髪の毛が手に入ります。

今日からできるシャンプーのポイントをご紹介します。

シャンプー前のブラッシング

シャンプー前にブラッシングをしておくと、髪の毛の絡まりがほどけてシャンプーやトリートメントがなじみやすくなります。

シャンプーはマッサージ

シャンプーはしっかり泡立たせてから髪を洗います。
シャンプー中は指の腹で側頭部から頭頂部に向かって、後頭部から頭頂部に向かってマッサージをする感覚で洗いましょう。

丁寧なトリートメント仕上げ

トリートメントは髪の中心から毛先になじませるようにします。
手に残ったトリートメントで髪をパックするとさらになじみます。
5分ほど置いてから、しっかり洗い流しましょう。

乾かすときの手入れ

乾かす前に毛先にヘアオイルをなじませると、傷みや乾燥の改善になります。
コームで髪の毛を整えながらドライヤーで乾かすと毛の流れが整い、ツヤも出ます。

乾かし方のコツ

タオルでこすらずに挟んで髪の水気をとり、低めの温度で短時間で乾かします。

ドライヤーで7分ほど乾いてきたら、分け目から毛先に向かって軽く引っ張りながら乾かします。

天使の輪のようにトップにツヤが出てきますよ。
全体が乾いたら、最後に冷風をかけて潤いを閉じ込めましょう。

おでこが広い40代は髪のケアで老け見え回避

おでこ狭くても前髪であか抜け!3つのポイントおでこが広い女性が老け見えするのは、おでこの広さに原因があるわけではありません。

自分では気づかなかったところに老け見えのポイントがあったかもしれませんね。

ここでは、

  • 髪の乾燥
  • カラーリング
  • ペタンコ髪
  • 白髪

の4つをご紹介しました。

髪の毛をより若々しく見せるためには、ツヤが何よりも大切です。

ツヤツヤで潤いさえあれば、老け見えしないと言えると思います。

原因が分かったら改善するだけです。原因の改善と日常的なヘアケアで、老け見えを卒業しましょう。