ヘアケア

つむじが薄いハゲの見分け方とタイプ別の対策や改善策

つむじは元々、髪の毛が少なくて頭皮が目立ちやすい場所です。
でも、今までに比べてつむじ付近が薄くなってきて、範囲が広がった気がするなら、ハゲの可能性も。

つむじが薄くなってきたと感じたら、ハゲになる前に改善策を試してみましょう。

今回は、つむじが薄くなる原因とすぐにできる対策についてご紹介します。

「つむじが薄くなってきたら、もう間に合わない…」と諦めるのではなく、できる改善策から積極的に始めてみてください。

つむじの薄毛はまだ間に合いますよ。

つむじが薄いと感じたら3つのタイプをチェック

つむじが薄いハゲの見分け方とタイプ別の対策や改善策

つむじが薄くなってしまう原因は、

  1. 同じ髪型
  2. 女性ホルモンの乱れ
  3. ストレス

の3つが考えられます。

髪の毛全体のボリュームが減ってきたり、つむじ付近が薄くなってきたりしたときは、薄毛の兆候かもしれません。

日頃から鏡を見て、自分で頭皮や髪に触れ、頭部の状態を把握しておくことで、薄毛の兆候に早く気づけます。

つむじの薄毛対策は、薄毛の原因について知ることから始まるのです。
原因が分かれば、原因に合った効果的な対策ができますね。

タイプ①同じ髪型

仕事の都合やおしゃれ目的で、ついつい同じ髪型になりがちな女性も多いかもしれません。

同じ髪型や同じ結び目、同じ場所に分け目がある場合は、薄毛になる可能性が高いです。

同じ位置で髪を結んだり、過度なブラッシングをしたりしていると、気づかないうちに頭皮に負担をかけ、抜け毛につながってしまいます。

髪をきつく結ぶことが多いと、髪の毛が強く引っ張られるため、特に地肌が見えているつむじなどが刺激を直接的に受けて、気づくと薄毛になっているのです。

タイプ②女性ホルモンの乱れ

加齢や出産、食事バランスの崩れなどによる女性ホルモンの乱れは、髪の毛の生え変わりにも影響を及ぼします。

髪にハリやツヤ、コシを与えている女性ホルモンのバランスが変化すると、若い頃に比べて髪の毛が細く軟らかくなります。
髪の毛にコシがなくなれば、抜け毛の増加を招きます。

さらに、女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが増加すると、男性の薄毛と同じような現象が起こるとされます。
発毛の量が減り抜け毛が増えて薄毛になるのです。

タイプ③ストレス

職場や学校など人間関係や日々の生活でストレスを感じることはありますよね。
このストレスは、髪の毛の成長にもダメージを与えます。

ストレスによって身体が緊張状態にあると血管が収縮し、血流が悪くなります。
頭皮に栄養が行き届かなくなり、髪の毛の成長が阻害されるのです。

つむじが薄い!ハゲかもと感じたらする3つの対策

つむじが薄いハゲの見分け方とタイプ別の対策や改善策

つむじが薄くなる原因が分かったら、次は対策です。

ここでは、

  1. 食生活
  2. 睡眠時間
  3. 生活リズム

の3つの見直しを見ていきます。

対策①食生活の見直し

薄毛には、
●過度なダイエット
●暴飲暴食
●頻繁な外食
によって偏った食事内容になったり、ジャンクフード中心の食事になったりすると、食生活が乱れてしまうと髪の毛に必要な栄養が行き届かなくなります。

脂質の多い食事をしていると、頭皮から分泌される皮脂も過剰に増えて頭皮環境も悪くなるのです。

薄毛対策に必要な栄養素は、
●L-シスチン
●ビタミンB
●パントテン酸
●亜鉛
●タンパク質
●ミネラル
●コラーゲン
などがあり、
大豆食品は女性ホルモンと同じような働きを持つため、特にオススメです。

髪の毛に必要な栄養素を摂りつつ、バランスの良い食事をすることで、健康的な髪の毛や頭皮が維持できるのです。

寝る直前の食事も、髪の毛に必要な栄養素が行き届かなくなる原因になるため、寝る3時間前までには食事は終わらせましょう。

対策②睡眠時間の見直し

寝不足も、髪の毛の成長にはダメージです。
成長に必要なホルモンは、睡眠中だけ、しかも、睡眠に入ってから3時間以内に分泌が始まります。

寝不足になると成長ホルモンの分泌が十分に行われなくなり、抜け毛や薄毛を招くのです。

成長ホルモンの効果を得るためには
●最低4時間以上の睡眠
●質の良い睡眠
が必要になります。

良質な睡眠のために、
●18時以降はカフェインを摂取しない
●寝る3時間前には何も食べない
●アルコールは寝る4~5時間以上前までにする
●スマートフォンやパソコンは寝る1時間前までにする
●寝具は身体に合ったものを選ぶ
といったポイントも覚えておきましょう。

対策③生活リズムの見直し

生活リズムを見直すことも、健康的な髪の毛や頭皮を作るのに必要です。

ストレスや疲労は、髪の毛の成長に悪影響を与えます。
体調が良くないと、髪の毛の生え変わりもスムーズに行かなくなってしまうのです。

朝起きてから寝るまでの生活リズムが安定すると、身体の調子も良くなり、ホルモンバランスも整い、髪の毛や頭皮にも栄養が行き届くようになります。

つむじが薄いと感じた時の改善方法

つむじが薄いハゲの見分け方とタイプ別の対策や改善策つむじが薄くなってきたときの対策を生活習慣からご紹介しました。

最後に、生活習慣以外で健康的な髪の毛と頭皮に関する重要な改善方法を見ていきます。

ここでは、
①ストレスなど無理をしすぎない
②ヘアケアの見直し
の2つの改善方法に注目します。

①無理をしずぎない

ストレスや体調不良は髪の毛の大敵です。

自分をストレスから解放してあげる時間や場所を自分なりに見つけておくことも大切です。
疲れたら寝る、気分転換に美味しいものを食べるなど、簡単なことで構いません。

自分をいたわる時間を作ってあげましょう。

②ヘアケアの見直し

●髪型や分け目は定期的に変える
お気に入りのヘアスタイルはあると思いますが、定期的に髪型や分け目、結び方のきつさを変えましょう。
たとえば、
低い位置のポニーテール→高い位置のハーフアップ→サイドのお団子→ダウンスタイル→高い位置のポニーテール→…
といったように毎日髪型を変えて負荷が1ヵ所に集中するのを改善しましょう。
分け目についても、右→センター→分け目なし→左→右→…
と変えるようにしてください。

●徹底的な紫外線対策
紫外線は髪の毛と頭皮にダメージを与えます。
頭皮が炎症を起こすと、髪の毛の成長を阻害したり抜け毛が増えたりします。
炎天下では帽子や日傘を使って頭皮を守りましょう。

●頭皮マッサージ
髪の毛や頭皮に必要な栄養を与えるためには、マッサージが効果的です。
シャンプーやヘアセットのときに、指の腹を使ってこまめにマッサージしましょう。
マッサージによって血行が良くなり、徐々に健康的な髪の毛に変わっていきます。

●シャンプー前後のヘアケア
シャンプーにはこだわって念入りに洗っていても、シャンプー前後のケアを怠ると、せっかくのシャンプーも台無しになります。
シャンプー前には、ブラッシングをして髪の毛や頭皮の汚れを落とすと、シャンプーの効果が高まります。
シャンプー後には、タオルで髪の毛を優しくはさみ、こすらないで水気を取り、ヘアオイルや育毛剤をつけてからドライヤーで乾かしましょう。

つむじが薄くても少しの見直しで改善するかもしれない

つむじについて周りから指摘されたり、鏡を見て気になり出したりと、つむじの薄毛に気づくきっかけはさまざまです。

つむじが薄くなるのには、普段の何気ない生活の中にも原因があることが分かりましたね。

つむじが薄くなる原因が分かれば、自分にどの改善策が合うのかも見えてきます。

薄毛を隠すことばかりを考えるのではなく、薄毛を目立ちにくくする方法を早い段階から始めてみてください。

ほんのちょっとした対策でも、続けていくことで効果が出てきますよ。